50代の転職のパターンを紹介

縁故採用の厳しい現実

一昔前まで50代の理想的な転職は、縁故採用だと言われていました。
いわゆる「引き抜き」ですね。
業界内のライバル企業から、管理職のポストを打診されるケースです。

ただこれは日本が高度経済成長を続けていた時代の話。
現在は優良企業であっても、経営層のスリム化/管理者のリストラが日常茶飯事
そんな環境が常態化した現代では、縁故採用者の未来はない。
過去の人脈を紹介したら、もうお払い箱。
2~3年であっという間にリストラ候補となってしまうので、それであれば今の会社にしがみ付いていた方がマシだったと後悔する。

50代にとっての求人サイトの選び方

長く働ける職場を探す為には、一般的には求人サイトを利用する方法になるでしょう。
ただし、50代の転職活動は書類審査でNGになる事が多いです。
だから内定を貰うまでに100社~200社へ応募したという話も良く聞きます。

応募数を増やすのは確かに一つのやり方ではありますが・・・
もっとスマートに転職活動する方法もあります。

例えば、MIIDASという新しい求人サイト
自己プロフィールを登録しておくと、条件にあった求人情報のオファーが届くシステム。
このオファーが凄いのは、面接が確約されているというところ。
だから書類審査に通らないという悩みは最初から解消されるのです。

そもそも転職活動はタイミングがとても大事。
企業側が経験豊富な中高年を採用したいというタイミングを上手にとらえた人にチャンスがやってくる。
それを運に任せるのではなく、ITテクノロジーを駆使して精度を上げるのが賢者の作戦。
こういうツールを使えるか否かで、ライバルとの差がグッと広がるでしょう。

人材紹介会社を利用する!

転職希望者

人材紹介会社を利用するのも一案です。

成功例としては、大企業からベンチャー企業への転職が多いです。
ベンチャー企業がある程度軌道に乗ってくると、必ず管理者層の不足に悩みます。
その為、大企業でキャリアのある50代の人材が求められています。

ただ注意すべき点は、人材紹介会社は手間のかかる50代求人案件より、20代・30代を優先しているのは事実です。
その理由は、20~30代のほうが採用が決まりやすいからです。
だから、50代の転職は自ら積極的に動く必要がありますよ。

中高年の仕事探しに役立つ転職サイト人気ランキング

50代の転職

1位【パソナキャリア】

パソナキャリア

「もう今の会社に未練はないから、転職活動を開始したい。
でも、まず何から始めるべきかがよく分からない。」

パソナキャリアの担当者に聞いたところ、このような心理状態で相談に来る人が多いそうです。

転職支援サービスは全て無料なので、まずは登録してみる事がスタートです。

2位【DODA(デューダ)】

DODA

■就職活動を一からお世話になりたい
■履歴書・職務経歴書を一人ではかけない
■どこに就職したらよいか分からない

と考えている転職希望者にピッタリな転職エージェント。

あなたが本当にやりたいことにこだわった転職活動を支援してくれます。

3位【MIIDAS】

MIIDAS

色々な求人案件を自分で探したいなら、MIIDASが便利。

特徴は、
■求人検索が高機能
■条件マッチした新着求人をメールで受信可能
■データ管理が徹底していて使いやすい
■求人の質と量が両立している

その他にもスキル分析や市場価値診断など便利ツールが豊富です。

4位【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

支援実績数が豊富なリクルートエージェント。

このエージェントに登録すべき対象者は、下記条件のいずれか一つをクリアしている場合です。
①現在の年収が600万円以上
②TOEICスコアが700点以上

いずれかの条件に当てはまれば非常に手厚いフォローを受けられます。
その一方でこの条件に当てはまらない場合は、真剣に相手にしてもらえません。
年収が低くて英語力がない人は、他社への登録を優先させた方が賢明です。

上記で紹介したサイトは、非常に人気の高いサイトです。

情報源は複数持っておくのが良いので、
全てのサイトに登録して求職活動をスタートさせましょう!

50代転職のポイントは、あなたの過去のキャリアを活かす場を見つける事

そしてもう一つ大事な事は、あなたの過去のキャリアを捨てれる事

全く反対の事ですが、定年後も働くことを考えたら、
あともう10年ぐらい働く場所を決めるのですから、新しく仕事を覚える気持ちが大事です。

このページの先頭へ