20代の転職を成功させるコツ

『20代だからまだまだ可能性はいくらでもあるよ!!』などとチヤホヤされ、甘い気持ちで転職して失敗する人を何人も見ています。

確かに20代の転職は売り手市場。
ただし、そう何回も転職可能なわけではないので、目利き力が必須です!!

第一ポイント:本当に転職すべきなのか?

20代の転職

20代で転職相談に来る人は、『転職するべきなのか?しないほうがいいのか?悩んでいます。。。』というような悩みを抱えている人が非常に多い。

この悩みの背景には、『定年まで1つの会社で勤め上げる』という親世代の常識が見え隠れしている。
その為に転職に対するネガティブなイメージや恐怖心を払拭しきれない様子。

昔は社歴の長い会社が安全といわれていました。
でも、それは過去の話。
現代の企業寿命は10年単位とまでいわれている。

だから、適性の無い職場で働き続ける事は非常に不幸な事。
若い時に嫌な仕事を我慢しても、年をとってその努力が報われる可能性は低い。
会社の業績が悪くなればすぐにリストラ対象。
つまり、職場に依存する価値はドンドン薄れているのです。

第二ポイント:仕事の選び方

転職アドバイス

20代ならまだ職種も業界も変更可能。
これは若者の特権。

でも異業種へ転職するにはコツがいる。
やりたい仕事を見つけたら、あなたの職務経歴を希望する求人条件に結びつける作業が必要!!

コンサルタントやマーケティング職などは、意外な異業種の経歴が評価されるもの。

あなたと仕事のマッチングは、転職エージェントに任せるのがベスト。
無限の可能性がある20代の転職だから、俯瞰的なアドバイスを貰える相談役を3人は見つけましょう!!

20代の転職相談まとめ

1.職場に依存しない事

 20代で職場に依存するのは最悪。自立できるキャリアを追い求めましょう。

2.プロの相談役を活用する

 あらゆる業界・職種を俯瞰的に見ている転職エージェントを積極的に利用しましょう。

20代の転職相談先候補

1位【パソナキャリア】

パソナキャリア

アドバイザーの対応力が良い事で有名なパソナキャリア。
仕事の悩みをよく聞いてくれるから、紹介してくる候補企業にズレがないと評判です。

「もう今の会社に未練はないから、転職活動を開始したい。
でも、何から始めるべきかがよく分からない。」

パソナキャリアの担当者に聞いたところ、このような心理状態で相談に来る人が多いそうです。

転職支援サービスは全て無料なので、まずは登録してみる事がスタートです。

2位【マイナビエージェント】

マイナビエージェント

転職先で後悔しない為には、業界大手のマイナビエージェントにも登録すべきです。
20代~30代前半向けの情報量が圧倒的に多いのが特徴。

「非公開の求人情報が8割」だから、とにかく登録して求人情報を検索してみましょう

3位【typeの転職エージェント】

タイプ

転職希望者の将来的なキャリア形成を第一優先に考えてくれるエージェント。
年収アップにも積極的に関与してくれる。
だから、20代ビジネスマンに最適です。

現在の職歴を丁寧にヒアリングしてくれ、転職市場で価値を発揮できる職務経歴書を一緒に考えてくれます。

ここに登録した事で、今まで自分が気付いていなかった強みを発見できたという人が多数います。
特に営業・IT・バックオフィスの職種経験を持つ人にオススメ!
求人紹介対象エリアは、1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)のみです。

4位【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

支援実績数が豊富なリクルートエージェント。

このエージェントに登録すべき対象者は、下記条件のいずれか一つをクリアしている場合です。
①現在の年収が600万円以上
②TOEICスコアが700点以上

いずれかの条件に当てはまれば非常に手厚いフォローを受けられます。
その一方でこの条件に当てはまらない場合は、真剣に相手にしてもらえません。
年収が低くて英語力がない人は、他社への登録を優先させた方が賢明です。

5位【ビズリーチ】

ビズリーチ

新スタイルの転職支援サイト。
プロフィール登録した情報を、企業採用担当者やヘッドハンターが見て連絡をくれる仕組み。

「どんな転職先候補があるのだろうか?」
「今すぐではないけど、将来のために準備しておきたい。」

そのような潜在ニーズを抱えている人に最適。

登録は簡単。
他社サービスで使用した職務経歴書があるなら、それをアップロードするだけでレジュメ登録が完了します。

その後は具体的なオファーをチェックすることが可能なので、自分の市場価値を測れる上に転職タイミングを逃すことはなくなるでしょう。

20代の転職は、まだまだ時間がたっぷりあります。

よーく検討する為に、上記で紹介したサイト全てに登録して、その後で自分のキャリアを見つめなおしてみてはいかがですか?

転職活動の初期段階では、相談先・情報源は多いに越した事がありません!!

次のページでは20代で転職した人達の悩み 転職相談の事例を閲覧する事が出来ます。

このページの先頭へ