年齢別の転職相談ナビゲーション

転職する時に一番大事なのは、仕事内容を相談する相手
相談相手がヘボだと、あなたの転職も失敗します。
個々の仕事内容・職種の特性・業界全体を広く見渡せている人がベスト!!
各年代や性別によっても、条件が変わってくる。

20代の仕事探し

20代の転職

20代で転職を考える場合は、やりがい重視の路線でOK。
その理由は、これからの企業寿命は10年単位。
どの組織に所属しているかという事より、個人スキルが重要になるからです。

30代の仕事探し

30代の転職

30代の転職は、企業の成長性を重視しよう。
「業界全体は右肩あがりか?」「トレンドにのっている会社か?」というような事を見極める事が大事。
経営者と同じ目線で転職活動するのがベストです。

40代の仕事探し

40代の転職

40代の転職は求人数が絞られてきます。
それでも最近の傾向としては、新興企業の管理職等を狙うと良い結果が出ています。
固定概念を捨てて、組織作りの先輩として新興企業へアプローチしてみましょう。

女性の仕事探し

女性の転職

特殊スキルを持っていない女性の転職は、まだまだ厳しいのが現実。
自分の年齢と今後のキャリアをしっかり意識して、戦略的な将来像を構築しておくべきです。
そうでないと中高年になったら身動きが取れなくなります。

人気転職エージェントの比較

みんなの口コミで評判の良い転職エージェント

1位【パソナキャリア】

パソナキャリア

アドバイザーの質が高い事で有名。

土日や、平日遅い時間帯でも転職相談にのってくれる親身なサービスが評判良いです。
一度転職コンサルタントと面談しておけば、希望職種・業界の求人情報を定期的に連絡くれます。

登録・相談はもちろん無料なので、あなたのキャリアアドバイザーとして積極的に利用しましょう!!

2位【typeの転職エージェント】

タイプ

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)で転職を考えるなら、「typeの転職エージェント」。
特に評判が良いのは、キャリアアドバイザーのカウンセリング力。
転職希望者の強みを引き出し、企業へアピールしてくれるので年収交渉も有利に進みます。

転職サポートは全て無料なので、登録すべき1社です。
特に営業・IT・バックオフィスの職種経験を持つ人にオススメ!

3位【マイナビエージェント】

マイナビエージェント

転職先で後悔しない為には、業界大手のマイナビエージェントにも登録すべきです。
20代~30代前半向けの情報量が圧倒的に多いのが特徴。

「非公開の求人情報が8割」だから、とにかく登録して求人情報を検索してみましょう

人から良いアドバイスを貰う為の心構え

テレビを消して瞑想する時間を持つ

テレビ

このサイトで一貫して主張したい事は、「転職する時はアドバイザーを見つてトコトン相談にのってもらえ!」ということ。
でもその前に必ずやってほしい事がある。

それは何もしない一人の時間を作り、「自分は何者か?」についてトコトン考える事。
例えば、仕事が終わり夕飯を食べた後、何してる?

  • テレビを見る
  • メール
  • ゲーム

こういう人が多いけど、いずれも駄目。
なぜかって?
いずれも思考停止状態にあるから。

常に音がしていないと気が済まない人は、自分の内面と向き合うのを嫌う傾向にある。
でもいい大人になって自分の内面を理解できないようでは、仕事も上手くいかない。
たとえ職場を変えたとしても、いい結果を残せる確率は低い。

欲望の塊に触れてみる

「自分は何者か?」というテーマについて一通り思考を巡らせたら、紙と鉛筆を持って思いついた事を書き出してみよう。
誰に見せるものでもないので、欲望をさらけ出す。

欲望で埋め尽くされた紙を見ながら、また人生について考える。
その繰り返し。
「自分の奥底にある欲望に触れた!」という感触を得るまで続けよう。

言い訳はもう止めよう

忙しい人

世間は「忙しく働く事が美徳」という価値観を我々に植え付けてきた。
それが行き過ぎて、起床30分後には家を出て帰宅30分後には就寝という生活を繰り返している人がいる。

目標があり、その為の修業期間であれば良い。
でもその生活スタイルが自分の意志でないなら、すぐにその会社を辞めるべきだ。

「でも次が決まっていないから・・・」という人。
そんな言い訳はもう終わりにしよう。
本当は新しい環境へのチャレンジにビビッているだけ。
面倒くさがっているだけ。
そうではないと反論できるだろうか?

一時的に失業中(無職)になる事に罪悪感を感じる必要もない。
「これから先の人生を考える為に会社を辞める」と堂々と言おうじゃないか!

静寂や孤独を恐れてはいけない。
まずは考える為の時間を確保しよう。

深く考えた人ほど転職アドバイザーを使い倒せる

私は過去に何百人もの転職相談にのってきた人間である。
そこから見えてきたのは、転職アドバイザーを上手に利用する人は思考が深いという傾向があるということ。

ちょっと話をすれば、しっかり自分の頭で考える人かどうか判る。
思考が深い人の質問や要求は必然的にレベルが高い。
だから、こちらも即答できずに宿題として持ち帰る事も多々ある。
事実確認の裏を取る為に、企業の担当者へアポをとる事だってする。

そのように転職アドバイザーをフル活用する人は、良い転職をする。

熱意が伝わるかどうかが決め手

情熱

自分の内面との対話に正解などない。
経済紙に登場するような完璧なエリート像を求めてはいけない。
もっと泥臭くていい。

考えて考え抜いて頭がオーバーヒートしたら終わり。
答えが見つからなくても、その熱意は必ず相手に伝わる。
不完全だけども熱量が高い人は好かれる。
相手は必ず善意をもって接してくれるはずだ。

これは頭の良し悪しではない。
高学歴の人であっても、「これから将来性のある会社を見つけてください。年収は700万円以上で。」という完全に他力本願な依頼をしてくる人もいる。

もちろん、そう言われればそのまま探す。
でもその相談者に対して、転職アドバイザーとしての想い入れはない。
私にとってその人は紹介手数料を稼ぐ為だけの商材となっている。

転職アドバイザーだって欲の強い人間。
どのような質問をすれば、自分の為に一生懸命動いてくれるのかを計算するシタタカサも必要ですよ。

何から始めたらよいか分からないなら・・・

若手ビジネスマンの転職相談にのっていると、将来への不安をよく耳にする。
現代のように高度に発展した資本主義社会では、サラリーマンの仕事は水平分業制である為、仕事にやりがいを見出す事が難しくなってきている。

さらに経済サイクルが早くなっているので、昨日までの成長産業は明日の衰退産業という状態。
このような混沌とした世の中で、どんな信念を持って働けばいいのだろうか?
次ページのスピーチを聞いて、少しでもヒントを得ていただけたらと思う。

このページの先頭へ